実は間違っている!男のスキンケア常識

朝、そして入浴時の洗顔。顔を洗って終了…という人はいませんか?

洗顔した後の状態でいると、肌をべたつかせたり肌荒れを起こしたりと、年齢以上に肌を老けさせていきます。
洗顔後の肌の保湿は、女性だけでなく男性にも必要なケアなのです。

男性の肌質というのは、女性に比べて皮脂分泌が活発です。ですから、肌の保湿を怠っていると乾燥から肌を守るために皮脂分泌が盛んににおこなわれるようになります。

この過剰な皮脂分泌が肌をベタベタに、いわゆる脂っぽいオイリー肌と呼ばれる状態にし、肌荒れ、そしてニキビの原因ともなるのです。

たまに「自分はべたつくのがきらいだから何もつけない」なんていう人がいますが、これはかえって逆効果となっているわけなのです。

また、男性はひげを剃ります。髭剃りはとても肌を傷つけやすいものでありますから、洗顔後に保湿をきちんと行うか、行わないかでかなりの差がでてくるのです。

スキンケアはたっぷりローションから

洗顔後には、たっぷりのローションをつけて肌に潤いをしっかりと与えます。
ローションは、スキンケアの中でも一番重要なもの
単なる水分補給ではなく肌を守る保湿力となるものですから、乾燥しやすい洗顔後にはすぐにつけるようにします。 その際、ローションはたっぷりと使いましょう。

ローションと一言にいってもいろいろな種類があり、最近の傾向としては肌に優しいオーガニック化粧品などが人気です。

また、アルコールの有無での違いもあり、これは肌が強く皮脂分泌が多い人はアルコールが配合されたローションを使うといいかもしれません。スーッと肌を引き締めてくれます。

逆に肌が弱い、もしくは乾燥がひどい場合は、アルコールフリーといった肌への刺激を避けるタイプにしたほうが良いでしょう。

ローションをつける際はコットンをつかうと手に吸収されないで、肌への吸収率も良くなるようですが、これはこれで、面倒に感じてしまう人もいますね。
必ずしもコットンにつけてパッティングしなければいけないというわけではないので、お好みで構いません。

ただ、髭を伸ばし手いる人は髭が引っかかってうまくいかない…なんてこともありますから、この場合は手でやるほうが無難です。

肌質によっては、ローションだけではなんだか肌がつっぱる…という人もいると思います。
また、普段は平気なのだけれども、乾燥の厳しい冬になるとつっぱり感を感じる人もいます。

この場合は、ローションの後に乳液やクリームなどの保湿アイテムを塗ると解決します。
ローションといった水分を、乳液やクリームなどの油分がカバーして潤いが逃げない役目となって肌を乾燥から守るのです。