男性に多いオイリー肌

もともと、男性は皮脂線が女性よりも発達していることもあり、皮脂分泌量は多くなります。洗顔後に何もしなくてもつっぱりが感じられない…といった状態であれば、限りなくオイリー肌の可能性が高いといえます。

その症状としては、肌の水分量や皮脂量が多くなり、ひどい人では顔全体をピカピカと光らせます。
過剰な皮脂により毛穴に汚れがたまり、ニキビや吹き出物といった肌荒れを繰り返しやすい傾向にありますので、肌は疲れてボロボロです。
これを予防するには、基本のスキンケアがとても大事となります。

この男性に多くみられるオイリー肌ですが、男性の誰もがオイリー肌になるわけではなく、皮脂分泌も適量な普通の肌の人もたくさんいます。

では、何が違うのかというと、それは生活習慣の違いです。
偏った食生活不規則な生活による睡眠不足過剰なストレスなど…生活習慣が乱れていると、それはホルモンバランスに大きな悪影響を与え、肌のターンオーバーを著しく低下させます。
肌の新陳代謝機能がおかしくなると、肌質も不安定な状態となり、それがオイリー肌になるきっかけとなります。

このオイリー肌を改善するには、これらの生活習慣を改めると共に、適切なスキンケアをおこなうことが大事となります。

肌は乾燥を敏感にキャッチして、それを防ごうとして皮脂を分泌します。
ですから、ローションなどで適切に保湿ケアすればいいのです。

また、過激なクレンジングもNGです。
肌の乾燥を引き起こす原因となりますから、洗うときは優しく泡でなでるように洗います。

オイリー肌かどうかは、洗顔後の何もつけていない状態をチェックすることでわかります。
その肌の状態を見てスキンケア化粧品を選ぶようにするのが、肌トラブルを予防するコツとなるのです。