じわじわと蝕んでいく紫外線の恐怖

一年の中でも最も強烈な夏の紫外線。
環境破壊などから、年々その威力は増してきているといわれています。

紫外線に対するダメージケアは女性だけでなく、実は男性も怠ってはいけないケア
「日焼け止めを塗るなんて軟弱者のすることだ」なんていっていられない状況となっているのです。

中高年以降に見られるシミやシワの急激な増加、年齢以上に年老いた肌、そして皮膚がんやその他の皮膚疾患など…中年に差し掛かって肌トラブルや病が急に増えるのは、紫外線のダメージが積もり積もっておきた結果ともいえるのです

よく日に焼けた褐色の肌…こんな肌の男性は健康的な印象を与えますが、実は紫外線によるダメージから身を守っているゆえのこと。

肌細胞の遺伝子を紫外線から守るために、色素細胞がメラニン色素を作り出して褐色となるのです。
人の肌によって紫外線の影響は異なり、日本人では赤くなったり皮膚の色が濃くなったりすることが多いです。

日本人は黄色人種といわれていますが、肌色が白いほど紫外線からのダメージは大きく危険だといわれています。

紫外線による障害は、急性障害慢性障害とあります。

急性障害は紫外線を浴びた直後に起こる症状で、日に焼けて肌が真っ赤になります。
慢性障害は長期にわたって紫外線を浴び続けた症状で、シミやシワといった肌トラブルはもちろん、いぼといった腫瘍もできます。

この腫瘍が悪性だった場合、日本人の死亡原因でもトップであるガンにまで発展する可能性もある怖いものとなります。

男性は女性よりも紫外線を浴びやすく、その被害も大きくなりやすいといわれています。

その大きな理由としては、女性は習慣的に化粧をして肌をガードしていますが、男性はそういったケアをしないで紫外線をもろに受けてしまうからです。

紫外線によるダメージとは、シミやシワなどのお肌のトラブルにもありますが、健康トラブルにも発展するほどの力を持っていますから、若いうちに紫外線を上手にカットするように心がけるのが大切のです。