紫外線で顔が老ける!?

紫外線の健康に与えるダメージは大きいですが、くっきりと刻まれたシワや濃いシミといった肌表面へのダメージも深刻です。

人の肌は加齢によってシワやシミなどを作っていきますが、紫外線によって作られるものとはまったく質が異なります。
加齢によるシミやシワは防げませんが、紫外線によるシミやシワは防げるのです。

紫外線によるシミやシワを防ぐには、その適切な対策とケアが必要となります。
若いうちから紫外線に気をつけていた人、まったく気にしていなかった人では、数年後の顔つきが全然違ってくるほどです。

同じ年齢なのに老けてみられるのは、男性でも悲しいもの…。
そうならないように、常日頃から紫外線を意識して、浴びすぎないように心がけましょう。

日常生活で気をつけたい紫外線対策

  • 紫外線の強い時間帯、つまりはお昼の時間帯の外出はなるべく避けるようにする。
  • 歩くときはなるべく日陰を選ぶ。
  • 帽子で頭と首を、サングラスで目に紫外線が当たるのを防ぐ。
  • なるべく肌の露出を避けると共に、紫外線の吸収を抑える素材の洋服を選ぶ。
  • 外出する際は日焼け止めをクリームを塗り、ほてった肌などにはローションなどでたっぷりと保湿ケアをする。

紫外線を避けるとすれば家に閉じこもることがベストですがそうはいきません。
外出するときはできるだけ紫外線の弱い時間帯を選び、日陰や地下道を利用して上手に紫外線を避けるようにしましょう。

ただ、ここで見落としがちなのが、ついつい紫外線対策を夏限定でおこなってしまうことです。
紫外線は一年中浴び続けています。

夏はいうまでもなく強烈ですが、冬の紫外線もなかなか厄介です。
特に冬のスキー場は雪に紫外線が反射します。秋の運動会も紫外線を浴びる量が多くなります。
ですから、紫外線対策は一年を通して考えていかなければいけないものなのです。