紫外線対策で欠かせない日焼け止めクリーム

紫外線対策といえば日焼け止めクリームです。
夏になるといろんな日焼け止めクリームが販売され、そこに表記されている数値もいろいろ。

日焼け止めクリーム初心者にはどれを選べばいいのかわかりません。
しかも、日焼け止めクリームはただ外出前に塗っておけばいいというものでもないのです。
日焼け止めクリーム、そして紫外線にはいくつか種類がありますから、用途に合わせて選ぶ必要あります。

まず、体に影響を与える紫外線。これはUVと呼ばれますが、UVAUVBの2種類あります。

UVAを抑える効果を表したのがPAで、をつかって表し、+の表示が多いほど効果が高いです。
UVBを抑える効果を表したのがSPFで、これは数値で表しますが、これも数値が大きいほど効果が高くなります。

日焼け止めクリームを選ぶ際は、UVAとUVBを目安に選ぶのも一つの方法ですが、使うシーンによって選ぶことも大切です。

日焼け止めクリームはそれなりに肌に負担を与えますから、日陰の多い場所や室内で過ごすのであればそこまで数値の高いものでないほうが肌には良いです。

逆に、海や炎天下の野山などでは、数値の高い日焼け止めクリームでないと紫外線が強烈すぎて肌が受けるダメージも高くなります。

ただ、日焼け止めは一度塗ったから大丈夫…というものではありません。表示されている数値というのは、あくまでもきちんと塗った場合の数値。
実際には塗りムラや薄い場合もありますから、表示されている100%の効果を期待することはできないのです。

上手に取り入れるには、こまめな塗りなおしが有効です。
最初に塗る際は肌に馴染ませるようにし、また満遍なく塗る。そして時間がたったら再度塗るようにすれば、その効果も高くなります。