頭皮ケアで健やかな毛髪を維持するために大切なこと。

頭皮画像

頭皮も肌の一つ。肌をスキンケアするのと同じように頭皮もケアすることで、より良い状態を維持することができます。頭皮は毛髪が生えているところなので、頭皮環境の悪化が原因でパサつきや、抜け毛といった悪影響が出てしまう可能性もあります。健康的な毛髪を維持するためにも頭皮ケアは必要です。

頭皮ケアにはどんな方法がある?

頭皮ケアもスキンケアと考え方は同じです。

  • 清潔に保つ
  • 皮脂分泌異常のケア
  • 乾燥を防ぐ
  • 日焼けを防ぐ

清潔に保つための洗髪をする際の注意

頭皮を清潔に保つには定期的に洗髪します。ここで注意しなければいけないのが、洗髪のし過ぎです。近年はシャンプーは毎日するのが当たり前。多い人では朝と夜の一日二回シャンプーする人もいます。頭皮には頭皮環境を保つために皮脂が分泌されています。この頭皮脂は悪者のように言われていた時期もありましたが、頭皮脂を除去し過ぎると、過剰分泌につながるので、一定量は皮脂があった方が頭皮環境的にも望ましいということがわかっています。

つまり、洗い過ぎは逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまうというわけです。

最近の頭皮ケア用シャンプーは皮脂をとり過ぎないマイルドな洗浄成分が配合されたものが多く発売されています。シャンプーなしで洗髪する湯シャンや、ノープーを行う人も増えています。洗い過ぎに注意と覚えておきましょう。

皮脂分泌異常の場合のケア

頭皮脂の除去し過ぎに注意と言いましたが、多すぎる頭皮脂には注意が必要です。脂漏性皮膚炎など、菌が原因で皮脂が過剰分泌によって炎症を起こしてしまう人もいらっしゃいます。そういった方は皮膚科で診察を受け、適切な薬を処方してもらい、頭皮脂の過剰分泌をおさえる必要があります。

頭皮に何らかの炎症が起きていると感じた場合は、セルフケアで様子をみることなく、皮膚科などの医療機関に相談するようにしましょう。

乾燥を防ぐ

肌でも乾燥肌の人がいるのと同じように、頭皮にも乾燥肌の人はいらっしゃいます。頭皮の乾燥は、フケやかゆみをもたらします。かいた箇所が炎症を起こしたり、かさぶたのようになってしまったりして、さらに大量のフケが発生するようになります。

頭皮はある程度の潤いを保つ必要があります。頭皮が乾燥する場合は、頭皮に潤いを与える洗浄成分配合のシャンプーや、頭皮ケア用のローションなどを利用しましょう。

日焼けを防ぐ

肌と同じで頭皮も紫外線は一番の天敵。頭皮用の日焼け止めなんかも発売されていますが、一番は物理的に紫外線をシャットアウトすること。外出時には帽子をかぶるのが一番。

帽子をかぶることで頭皮を圧迫したり、頭皮が蒸れてしまうことが薄毛につながるという人もいますが、それ以上に長時間の強力な紫外線は頭皮にとってダメージとなるので、紫外線防御を一番に考えるようにしましょう。日焼けは火傷ですからね。もっとも注意すべきです。

一番最初におすすめな頭皮ケア

これから頭皮ケアをはじめたいという人に一番簡単かつ、今の生活に取り入れやすい方法は、生活習慣の改善と洗髪です。

肌と同じで生活習慣や食生活が大きく影響する頭皮環境。頭皮環境に良い生活をすることが大切です。

そして、もう一つは洗髪。ほとんどの人はシャンプーを使って定期的に洗髪をすると思います。その際頭皮に優しい洗髪方法を実践します。シャンプーを変えたり、洗髪方法を変えるなどの方法があります。

頭皮に良い生活習慣

規則正しい生活。十分な睡眠時間。適度な運動とストレス解消。

健康的な生活を送ることが大切なのは他のスキンケアと同じです。毛髪の成長には睡眠時間が特に大切と言われていますので、規則正しい生活と十分な睡眠時間の確保をお願いします。

食生活も同じで、カラダによいとされる栄養バランスのとれた食事が大切です。毛髪の成長という意味では、大豆などのたんぱく質が髪の生成に必要な成分となるので、大豆や乳製品など良質なたんぱく質を摂取するようにしましょう。

頭皮ケアを意識した洗髪

化学性の界面活性剤を使用した市販のシャンプーや安くて、使い勝手もよく、強力洗浄成分で洗い上がりもすっきりしますが、必要な頭皮脂まで除去してしまう懸念があります。強力過ぎる成分が頭皮にダメージを与えてしまう可能性も否定できません。

少し値段は高くなってしまいますが、植物由来の天然成分を配合した、頭皮に優しい洗浄成分配合のシャンプーが数多く発売されています。頭皮のことを考えるのであれば、こういった洗浄成分のシャンプーを使うことをおすすめします。

普段使っているシャンプーを変えるだけなので、これからはじめるにはもっとも手軽な頭皮ケア方法だと思います。

薄毛を予防するために大切なこと。

薄毛ケア写真

頭皮環境の悪化は髪のダメージはもちろん、抜け毛や薄毛につながっていきます。薄毛を予防する意味でも頭皮環境をよりよくするためのケアを心がけ、外的要因で防げる薄毛の原因は取り除いておく必要があります。

やるべきことは同じです。

  • 清潔に保つ
  • 皮脂分泌異常のケア
  • 乾燥を防ぐ
  • 日焼けを防ぐ

季節要因や、皮脂などの頭皮環境が原因の薄毛や抜け毛の場合は、上記のような頭皮ケアを行うこと改善に向かう可能性があります。

ただし、薄毛の原因が遺伝性のAGA(男性型脱毛症)などの場合は、頭皮ケアでは十分に予防や改善ができないので、医療機関に相談する必要があります。

薄毛の原因は?

  • 生活習慣・食生活が原因の薄毛
  • 脂漏性皮膚炎など、皮脂の過剰分泌が原因の薄毛
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 怪我や火傷など外的要因の薄毛
  • 薬や治療の副作用による薄毛
  • 円形脱毛症など免疫疾患が原因の薄毛

薄毛の原因はいろいろありますが、それぞれが単独で原因となる場合もありますが、多くの場合はいくつかの原因が複合的に重なって起こることが多いようです。また、薄毛に悩む男性の多くはAGA(男性型脱毛症)が原因と言われています。

生活習慣・食生活が原因の薄毛

不規則な生活習慣や、栄養バランスの悪い食生活は、健康だけでなく抜け毛増加、薄毛につながります。特に睡眠時間は重要とされているので、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

脂漏性皮膚炎など、皮脂の過剰分泌が原因の薄毛

AGAの人の多くは脂漏性皮膚炎を併発していると言われています。頭皮脂を適度に抑えるよう治療し、毛髪の成長しやすい頭皮環境を目指しましょう。

AGA(男性型脱毛症)

AGA(エージーエー)は「男性型脱毛症」といい、男性ホルモンが毛根を攻撃し抜け毛を増やし、毛髪の成長サイクルを乱すことで薄毛化する症状です。遺伝性なので、一般的な頭皮ケアで改善することは難しいとされており、薄毛が進行したら、医療機関での治療以外に改善することはないと言われています。

ただし、すべての薄毛の要因がAGAというわけではなく、薄毛には多くの要因が絡んでいるため、AGAであっても生活習慣を改善したり、食生活を改善することで症状が緩和される場合があります。薬による効果も人それぞれで、薄毛の状態によっては改善が難しい人もいます。

なるべく早めに治療することは薄毛改善のカギと言われています。

怪我や火傷など外的要因の薄毛

怪我や火傷といった外的要因による薄毛です。毛髪を生成する細胞に傷がついてしまった場合は自然治癒は難しいでしょう。細胞ごと移植する植毛施術を受けることで毛髪を生やすことができます。

薬や治療の副作用による薄毛

抗がん剤治療など、他の疾患治療の副作用による薄毛の場合は、治療が終われば自然と生えてくるケースがほとんどです。治療中の抜け毛や薄毛は仕方ないので、かつらやウィッグなどを利用する方もいます。

円形脱毛症など免疫疾患が原因の薄毛

薄毛で有名なのが、頭部の一部分だけが脱毛してしまう円形脱毛症などです。ストレスが原因と言われたり、自己免疫疾患が原因と言われたりしますが、皮膚科などで治療することで改善します。改善すれば再び生えてきます。

薄毛対策に有効な頭皮ケア

薄毛の原因が色々あることはわかっていただけたと思いますが、基本的にAGA(男性型脱毛症)以外は、進行性ではなく、原因が取り除かれれば毛髪は生えてきて薄毛を改善することができます。

AGAのみ進行性の薄毛で、薄毛の進行がはじまったらそこから自然と改善することはなく、薄毛はどんどん進んでいきます。原因となる男性ホルモンを取り除くことはできませんので、治療によって悪さをする男性ホルモンの働きを抑制することで薄毛の進行を食い止めます。薬によって食い止めているだけなので、治療をやめたら再び進行していきます。

薄毛対策のための頭皮ケアは、原因によって効果的な方法は異なりますが、普段の頭皮ケアと同じで規則正しい生活とバランスの良い食生活。清潔かつ正常な頭皮環境の維持。これができた上で原因にあった治療や対応方法を行う必要があります。

円形脱毛の場合は皮膚科で治療が可能です。AGAの場合も皮膚科で治療可能ですが、最近はAGA専門の治療を行う美容クリニックが増えています。無料カウンセリングを行っている病院も増えているので、まずはそういった病院に相談するのもいいでしょう。

参考:AGA病院全国検索

規則正しい生活と食生活、そして頭皮に優しいシャンプーを。

頭皮ケアを考えた際に一番お金をかけずにやれることは、生活改善と食生活改善。そして洗髪時のシャンプーを頭皮をしっかり考えているシャンプーに変えること。

この3つを実践することが最も手軽、かつリーズナブルで効果的。費用対効果の高いものと言えるでしょう。

睡眠時間を十分にとって規則正しい生活。栄養バランスの取れた食生活。そして、頭皮に優しい洗浄成分のシャンプー。

まずはここからはじめてみましょう。